2017年09月一覧

リル・クレイジーとは

リル・クレイジーとは

 

 

ワイルドだろ!

Lil ‘Crazyで、ワイルドになってください!

今はLil ‘Crazyと一緒にドリフトする行動に乗り込む若いあなたの番です。

このスマッシュヒットのより小さなバージョンであるクレイジーカートは、若いライダーのために、簡単なコントロールと時速3キロの最高速度で、スピンとドリフトの世界への楽しいベイビーステップを提供するように再設計されました。

 

仕様

 

最大:44ポンド

年齢:3歳以上

カラー:レッド

製品の重量:6.6ポンド

組み立てられた製品寸法:26.8 “x 18.4″ x 11.8 ”

6V密封鉛蓄電池、充電式バッテリー

充電器を含む

製品の装飾および仕様は予告なしに変更されることがあります

大人の組立が必要

 

フル機能リスト

 

最高2 mphまでスピードアップ

ランタイム:最大40分間の連続使用

スロットル:フットペダル

モーター:インホイールハブ電気

フロントホイール:ポリプロピレン

リアホイール:ウレタン

 

※廃番となりました。

クレイジーカートサーキット成田店でのみ、体験することができます。


クレイジーカートXLとは




レーザークレイジーカートXL

Go Big、Go XL!

究極のドリフトマシーンが産まれました!

数多くの賞を受賞したCrazy Cartの大人向けバージョンに対する圧倒的なリクエストに応えて、RazorはCrazy Cart XLを発表しました。

これは、フルサイズの高性能ドリフトカートです。

仕様

最大:240ポンド

年齢:16歳以上

商品の色:ブラック

製品の重量:112.2ポンド

組み立てられた製品寸法:42.9 “L x 30.1” W x 26.2 “H

クイックチェンジコンパートメント付き、

36V(3つの12V)密閉鉛蓄電池システム

バッテリーチャージャーと旗が含まれています

製品の装飾および仕様は予告なしに変更されることがあります

一部のアセンブリが必要

フル機能一覧

最大40分間の連続使用

可変速度、超高トルク、チェーン駆動モーター

粉体塗装スチールフレーム

特許を取られたステアリングは、ユニークなドリフト、回転、停止を可能にする

ドリフトバーは、ドライバーがドリフト、スピン、コーナリングを完全に制御できるようにします。

可変速フットペダルの加速(ブレーキなし)

360度とタイトな回転のためのステアリング機能

ハイインパクト空気圧フロントタイヤとキャスターホイール

二重傾斜リヤキャスターホイール

揚げバケット式座席

クレイジーカートサーキット成田店で、レンタルできます!

屋外のコースで、ダイナミックなドリフト体験が可能。
ご購入はお問い合わせください。


Razor Ground Force Drifter(グランドフォースドリフター)

レーザー グランドフォースドリフター

そのスチールゴーグルスタイルのフレームに滑り込ませて、あなたに近所のドリフトキングをさせるスーパースライダー™POMリアホイールのスリルを感じてください。 隅々までパワースライド、

仕様

最大:140ポンド

年齢:8歳以上

製品の重量:55ポンド

組み立てられた製品寸法:39.5 “x 26.5” x 16 “

24V(2つの12V)密封鉛蓄電池システム

バッテリ充電器付属

製品の装飾および仕様は予告なしに変更されることがあります

一部のアセンブリが必要

フル機能一覧

最高時速12マイル

最大40分間の連続使用

鉄製フレーム

高トルク、チェーン駆動モーター

可変速度、親指アクセル加速制御

手動リアブレーキ

ソリッドゴムタイヤ付きモールドアルミ製フロントホイール

スーパースライダPOM後輪

シート付きバケットシート/ショルダーストラップ

バッテリー充電時間:最大12時間

ただいま、予約受付中

入荷しました!

アマゾンからの購入はコチラ!

https://www.youtube.com/watch?v=jgKX_sHcQNc

追記(店長が乗った実際のコメント)、

※路面との相性によっては、思った以上にドリフトしません。
※左手側にブレーキがあるので、比較的安全ですが、日本人の子供の手のサイズには大きすぎるかもしれません。

ground force drifter


Razor PowerRider 360(パワーライダー360)

Razor PowerRider 360とは 

Razor PowerRider 360

PowerRider 360 – Razorからの全く新しい電動電動三輪車で未来への挑戦!
ボタンを押すと、オフになります。
ペダリングは必要ありません。
最大9 mphのスピードでレースを行い、360度のスピン、滑り、
さらにはPowerRider 360の高性能デュアル傾斜リアキャスターホイールをドリフトすることもできます。

仕様

最大:120ポンド

年齢:8歳以上

製品の重量:33ポンド

組み立てられた製品寸法:27 “x 10” x 25 “

12V密封鉛蓄電池システム

バッテリ充電器付属

製品の装飾および仕様は予告なしに変更されることがあります

一部のアセンブリが必要

フル機能一覧

最高時速9マイル

最大30分間の連続使用

チェーン駆動モーター

溶接鋼フレームとモトスタイルのダブルクラウンフォーク設計

ハイインパクト空気圧フロントホイール

ドリフトと旋回動作のためのリア、デュアル傾斜キャスター

フロント、手動ブレーキシステム

ゴム製グリップ

フットペッグを折りたたむ

プッシュボタンスロットル

バッテリー充電時間:12時間

一部のアセンブリが必要

11月入荷予定!!

入荷しました。

アマゾンからの購入はコチラ!

動画はコチラ

https://youtu.be/cu90g6l1rIc

「(株)トレジャーハンディングは、米国レイザー社の電動製品正規総代理店です。」

クリスマスプレゼントにぴったりです。

クレージーカートサーキット成田店で試乗ができます。


クレイジーカートが乗れる場所

クレイジーカートシフトが楽しそうなのは分かったけど、

5万円以上もするもの、ましてや玩具。

いきなり、ネット通販で購入する前に、

体験走行してみたいという方には、こちら!!

1、 クレイジーカートサーキット成田空港店

 

https://www.facebook.com/crazycartnarita/

乗れる車種

クレイジーカートCC(オリジナルタイプ)、リル・クレイジー、クレイジーカートXL、

クレイジーカートシフト

 
 

2、 クレイジーカートサーキット沖縄・北谷アメリカンビレッジ店

https://www.facebook.com/crazycartchatan/

 http://sayomama.com/blog/okinawa/アメリカンビレッジ/

乗れる車種

クレイジーカートCC(オリジナルタイプ)

3、 クレイジーカートサーキット関越所沢IC店

※2017年初秋、オープン予定

乗れる車種

クレイジーカートCC(オリジナルタイプ)、リル・クレイジー、クレイジーカートXL、

クレイジーカートシフト